物件いいとこ探し
物件いいとこ探しe-toco

いろいろな物件の”いいとこ”を研究するウェブマガジン

北×東の角部屋でガラスに囲まれた明るいリビング、ショートカット満載の間取で快適なタワマン

ザ・コスギタワー(THE KOSUGI TOWER)

ザ・コスギタワー(THE KOSUGI TOWER)

今回の"いいとこ"研究対象物件

物件名
ザ・コスギタワー(THE KOSUGI TOWER)
所在地
神奈川県川崎市中原区中丸子13-17
物件タイプ
中古マンション
取扱不動産会社
センチュリー21アイワハウス株式会社

この物件の”いいとこ”リスト

  • 駅まで徒歩4分!5線3駅が利用可能な駅近タワマン
  • 安心と快適さの制震構造&二重床・二重天井構造
  • 総戸数689戸のスケールメリットを活かした充実の共用設備・サービス
  • 北×東の角部屋+2面バルコニー+高層階で陽当り・眺望良好
  • ウォークインクローゼットやトランクルームなど収納豊富
  • 通り抜けできるキッチンやリビングとつながる和室など暮らしやすさを考えた設計

こんな方にオススメの物件です!

  • タワーマンションに住みたい方
  • 武蔵小杉LOVER
  • 効率重視!駅までのアクセスの良さを重視する方
  • 人の気配があると安心……たくさんの世帯が住む大型マンションがお好きな方
  • プチ秘書がほしい……コンシェルジュサービスを受けたい方
  • 友達や親戚とワイワイしたい♪大型マンションならではの共用施設を満喫したい方
  • 広さよりも設備仕様の良さを求める方
  • 眺望良好なマンションをお探しの方
  • ペットと一緒に暮らしている方

あてはまる方は、物件紹介ページもチェック!

ザ・コスギタワー(THE KOSUGI TOWER)の物件詳細を見る
[本物件は成約致しました]

クリックタップで物件の詳細ページを開きます。

夫と2人で賃貸マンションに在住の30代。
夫は都内勤務。
在宅ワークで多忙な日も多く、合理的なライフスタイルを目標にしている。
新しい住まいでは、できれば犬を飼いたいと考えている。

駅まで徒歩4分!5線3駅が利用可能な駅近タワマン

今回の”いいとこ”研究物件は、「ザ・タワマン」といったマンションです。
その名も「ザ・コスギタワー」。
地上49階建て、徒歩4分ほどの最寄り駅は発展著しい武蔵小杉駅という、タワーマンション時代を象徴するような物件ですね。

ザ・コスギタワー(THE KOSUGI TOWER)
東急東横線・東急目黒線「武蔵小杉」駅

駅まで徒歩4分は魅力的ですね!
武蔵小杉駅というと、JRだけでなく東急もありますよね。

そうですそうです。
JR横須賀線とJR湘南新宿ラインの武蔵小杉駅まで徒歩4分、東急東横線と東急目黒線の武蔵小杉駅まで徒歩7分、JR南武線の武蔵小杉駅まで徒歩9分という立地になってますね。
ちなみに、すべて同じ駅名ですが、全部違う駅で、位置もそれぞれ少し離れていますよ。

武蔵小杉って、同じ名前の駅が複数ある地域なんですね~。
ま、紛らわしいですね……。

ちょっとややこしいかもしれませんねえ。
でも、5線3駅が利用可能で、それだけ駅が周辺にあるという立地は”いいとこ”ポイントですよね。
物件周辺は商業施設も多く、徒歩10分圏内にグランツリー武蔵小杉や武蔵小杉東急スクエア、ららテラス武蔵小杉などのショッピングモール、コンビニ、フィットネスクラブなどなど、いろいろな施設がそろっています。
病院や大きな公園なども揃っていて、賑やかなだけではなく、生活に必要な施設が充実していますよ。

やっぱり最近再開発されたエリアは利便性が高いですよね。
うちは夫婦二人とも仕事で忙しいので、生活に必要なものが近隣に揃っているのはとてもありがたいですね~。

安心と快適さの制震構造&二重床・二重天井構造

「ザ・コスギタワー」はタワーマンションとおっしゃってましたけど、地震についてはどうなんでしょう?
地上49階建って相当高いですよね……やっぱりすごく揺れるのかな……。

高層マンションの地震対策は気になりますよね。
こちらはダブルフレーム構造・超高強度コンクリート採用の制震構造が採用されています。
制震構造とは、建物の骨組みに地震の揺れを吸収するダンパーを取り付けることで建物の揺れを小さくする仕組みです。
耐震構造と比較すると地震に強い建物となっている一方、免震構造よりもコストパフォーマンスが高いと言われていますね。

いいとこ取りって感じですね~。
厳密には、耐震構造も免震構造もそれぞれのメリットがあって一概に比較するのは難しいんでしょうけど……。

そうですねぇ。
補修のしやすさなど様々な面がありますから、「制震構造がベスト!」といった単純な結論はちょっと早急ですね。
もうひとつ、建物構造の”いいとこ”ポイントがありまして、こちらは二重床・二重天井構造になっていて、遮音性の高さも魅力なんですよ。

床も天井も二重になっているということは、自分たちの足音などが響きにくいし、上の階からの音も響きにくいということですよね。

そうですそうです。
何をしても絶対に下に音が響かないということはありませんが、騒音トラブルの心配は少ないと思います。
また、リフォームの際にもメリットがあります。
コンクリート直張り構造では配線をコンクリート内に埋め込むので間取の変更の幅が限られるのですが、配管や配線が空間に配置される二重床・二重天井は、自由度が高いです。

なるほど~。
いろいろな面でメリットのある構造なんですね!

総戸数689戸のスケールメリットを活かした充実の共用設備・サービス

タワーマンションというとイメージするもののひとつ、共用設備やサービスについても見ていきましょう。
「ザ・コスギタワー」もいろいろな設備やサービスが充実していますよ!

確かに、快適で都会的っていうタワマンのイメージには、共用のラウンジやゲストルームが付帯していることが挙げられますよね。
一戸建は当然、規模の小さいマンションでは、そういう設備を持つことは難しいですし……。

そうですねえ。
敷地内に住居以外の設備を持てるのは、やはり世帯数が多く、ゆとりのある物件ならではですよね。
コンシェルジュサービスやセキュリティサービスなどが割安に利用できるのも同じ理由です。
こうした環境は大規模マンション全体にあてはまることですが、中でも近年登場したタイプであるタワーマンションは特に共用設備やサービスが充実しているのが、タワマン人気につながっていると言えますねえ。

こちらの「ザ・コスギタワー」は総戸数689戸の大規模マンション。
セキュリティや共用施設、共用サービスが、世帯数の多さゆえに割安に利用できるのが大規模マンションのメリットのひとつ。
一方、居住者数の多さから、建物修繕など住民の合意が必要な場面で意見が分かれてスムーズに進まないケースもあり、規模の大きさがデメリットに転じてしまう可能性も……。

ちなみに、こちらはどういう設備やサービスがあるんでしょうか?

パーティルームやスカイラウンジ、スカイバス、ライブラリー、カフェベーカリーなどが揃っていますよ。
共用サービスには、フロントサービスや24時間365日有人管理、また各階のダストステーションに24時間ゴミ出しが可能といったものがあります。
詳しくはこちらで確認してみてくださいね。

ゴミ捨てがいつでもできるって地味に嬉しい……!
これは確かに大規模マンションならではのメリットですよね!

室内も設備が充実していて、キッチンには生ゴミ処理のディスポーザーがありますし、浴室には暖房乾燥機が設置されています。
リビング・ダイニングには、温水床暖房もあって、利便性と快適さを兼ね備えた仕様も”いいとこ”ポイントですよ。

ディスポーザーも嬉しいですね~。
洗濯物を室内干ししやすい浴室乾燥もありがたいなあ。
床暖房も、エアコンよりも乾燥しないから身体に優しいし室内の暖まり方も効率的でいいんですよね。
無駄を少なく、しかも快適に生活できそう!

北×東の角部屋+2面バルコニー+高層階で陽当り・眺望良好

さてさて、物件のお部屋の”いいとこ”ポイントも見ていきましょう。
こちらは「ザ・コスギタワー」のおおよそ真ん中くらいの位置のお部屋で、眺望の良さが”いいとこ”ポイントのひとつ。
周囲にもタワーマンションがあるため、すべてがひらけた眺望ではありませんが、遠くまでよく見渡せますし、陽当りも良好です。

確かに、近くにもマンションが建ってますね~。
でも東側はひらけた景色になってて、見晴らしがいいですね!

そうですねえ。
また、角部屋になっていて、東側と北側の2面にバルコニーがあるほか、リビングが窓ガラスで囲まれていて、採光も良好です。
日中は明るく過ごせるリビングですねえ。
また、南側には開口部がないので、夏の日中が暑すぎる!といったタワマンあるあるがないのも魅力でもあります。

開放感がすごいですね~!

こうした高層階からの景色が堪能できるのも、タワマンならではの魅力ですねえ。
リビングから一望できる夜景も素晴らしいですよ。

素敵ですね~!
ほかのタワマンも、夜景ではアクセントのようになって素敵です!
これぞ武蔵小杉って感じですね♪

ウォークインクローゼットやトランクルームなど収納豊富

そのほかの”いいとこ”ポイントには、収納の豊富さがあります。
間取図を見ていただきたいのですが、こちらはウォークインクローゼットやトランクルームなど収納が室内外にそろっていますよ。

ザ・コスギタワー(THE KOSUGI TOWER)

洋室の収納、面白い設計ですね~。
ウォークインクローゼットのほかに、居室側と廊下側の両方から使えるクローゼットがあるんですね。

そうですそうです。
こちらは、廊下側はコートなどをかけておくのに使うイメージですねえ。
廊下側のドアは鍵もかかるようになっていて、プライバシーにも配慮されています。

なるほど~。
出かける時、帰宅した時に、部屋に入ってクローゼットを開けなくてもいいようになっているってことですね。

玄関の横にはトランクルームもあり、ちょっとしたレジャー用品などにちょうど良い収納になっています。
洗面所の収納や玄関収納など、そのほかにも収納が充実しているのはメリットですねえ。

洋室には収納が3箇所もあるし、作り付けの収納が多いですよね。
これなら収納家具も少なく済みそう!

通り抜けできるキッチンやリビングとつながる和室など暮らしやすさを考えた設計

先ほどの、廊下側と居室側の両方から使用できるクローゼットも、利便性を考えた設計でしたが、暮らしやすさをしっかりと考えた工夫が読み取れる間取も”いいとこ”ポイントのひとつです。
間取図をもう一度見ていただきたいのですが、キッチンの玄関側の方に引き戸がついていますよね。
こちらは、廊下からもリビングからもキッチンに入れて、通り抜けできるようになっている設計なんです。

ザ・コスギタワー(THE KOSUGI TOWER)
ザ・コスギタワー(THE KOSUGI TOWER)

あ、本当だ~!
お料理中にトイレに行きたい時にも便利ですね!

そうですねえ。
お買い物から帰ってきて、食べ物をひとまずキッチンに置くのもスムーズですよね。
家事動線などがショートカットできるように考えられているんですねえ。

ちょっとしたことですけど、毎日のことですもんね。

その通りです。
日々の暮らしの効率を高めることで、快適さも高めているんですね。
また、LDKに隣接している和室も一工夫があるんですよ。
和室は襖で仕切られていて、フルオープンにすることで、LDKとつなげて使うこともできるようになっているんです。

臨機応変に使える感じですね。
在宅で仕事してるので、仕事部屋に使いたいなあ。
日中は私一人だから、気分によってフルオープンにしても良さそう。

そういう使い方もいいですねえ。
状況に応じていろいろな使い方ができる点は、長く住む上でも大きなメリットですが、そのほかにも賃貸に出す場合にもメリットになると言えますよ。
特にこちらのように駅近の物件は投資物件として活用することも十分可能ですので、そうした際には、お子さんのいるご家庭やご夫婦だけの世帯など様々なタイプの方にとって暮らしやすいという点が、借り手の範囲を広げてくれます。

そうか~、例えばワンルームだと広めであっても単身者か夫婦のみの物件扱いになりやすいですけど、部屋を分けられるようになっていたら、子供がいる家族もターゲットに含まれるようになりますもんね。

そうですそうです。
住まいの購入においては、ご自身にとっての住みやすさを追求するという考え方ももちろん大切ですが、ライフスタイルにあまり強いこだわりがない方は、売却や賃貸しやすい物件かどうかという視点も大事にすることがオススメですね。

人生、何があるかわかりませんものね……。
不動産運用の視点も含めて検討してみます!

こんな方にオススメの物件です!

  • タワーマンションに住みたい方
  • 武蔵小杉LOVER
  • 効率重視!駅までのアクセスの良さを重視する方
  • 人の気配があると安心……たくさんの世帯が住む大型マンションがお好きな方
  • プチ秘書がほしい……コンシェルジュサービスを受けたい方
  • 友達や親戚とワイワイしたい♪大型マンションならではの共用施設を満喫したい方
  • 広さよりも設備仕様の良さを求める方
  • 眺望良好なマンションをお探しの方
  • ペットと一緒に暮らしている方

あてはまる方は、物件紹介ページもチェック!

ザ・コスギタワー(THE KOSUGI TOWER)の物件詳細を見る
[本物件は成約致しました]

クリックタップで物件の詳細ページを開きます。

協力:センチュリー21アイワハウス株式会社

投稿日:

この物件に似た物件の紹介を依頼する

    お名前
    お電話番号
    メールアドレス
    ご住所
    お問い合わせ
    個人情報提供の合意

    ご記入頂いた内容は弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。

    この記事を気に入ったら
    「いいね」やフォローをお願いします

    e-tocoに掲載可能な物件を募集しています!
    お取り扱い物件の”いいとこ”をアピールしたい不動産業者様はご依頼ください。